【キャンプ】初心者おすすめ早川町オートキャンプ場に行ってみた!

【キャンプ】初心者おすすめ早川町オートキャンプ場に行ってみた!

日本一人口が少ない町である山梨県早川町にある早川町オートキャンプ場のキャンプレポです。

いつもキャンプに行くと風呂も適当で肌ボロボロで帰ってくるのですが今回は美肌になって帰ってこようという企画です。

キャンプ場へのアクセス

最寄りの高速I.C.の中部横断道六郷I.Cから車で30分ほどかかります。

静岡方面からのアクセスだと新東名新清水I.C.から1時間ほどかかります。

上沢の交差点を県道37号、早川町方面に進みます。

県道沿いに看板がありますので右折して道に沿って進みます。

県道からキャンプ場までの道は狭いですが、所々すれ違いができるようにスペースがありますので安心してください。

キャンプ場に到着!景色はたいしたことないけどキャンプ場の解放感がスゴイ。

 

キャンプ場

料金

今回は休日1泊で6400円でした。

サイト利用料 3850円/泊

入場料 1100円/日 ×大人2名

ゴミ処分代 350円/日

料金設定はちょっと高めです。電源付きサイトだと+1100円で、休日・平日で料金が分かれています。

この他バイク専用のサイトもあってそちらは休日料金でも900円と良心的な価格設定になっています。

サイト

サイトがとにかく広い!10m×10m以上あると思います。専用の駐車スペースも設けられているので大型車でも問題ありません。

サイト数は電源付きが20サイト、電源無しが40サイトの計60サイトのようです。

隣のサイトとの境界には、少し分かりづらいですがピンクの目印マーカーがあります。

サイトは広く、隣接していてもプライベート感があるのが良いですね。

地面は芝生で硬くはないのでアルミペグも簡単に刺さります。

施設

まずは管理棟。受付はここで済ませます。

レンタル用品も豊富ですが、売店があってカップ麺や調理器具などが置いてありました。ジビエやアイス、お酒も◎

歯ブラシや調味料、電池など「忘れちゃった!!!」と言うものもすぐに購入できます。

トイレとシャワー室は、管理棟の裏手にあるサニタリー棟にあります。トイレはまさかのウォッシュレット。なんと高規格なキャンプ場でしょう。清掃も行き届いています。

シャワー室ですが、男女それぞれ5ブースあり6分/100円です。ブース内ジョブに戸棚があり、着替えなど置けます。

200円もっていって残りの100円をその辺に置いてシャワーで流してしまった人がいるに違いない。

洗面台も複数あり、温水も出ます。洗濯機は無料で使用できます。

洗い場はサニタリー棟にもありますが、こんな感じで何か所かにありますので近い方を利用すれば良いです。

シンクも特大でとても使いやすいです。

ドッグランもありました。芝生で広々としていますので、犬連れのキャンパーが多かったです。

周辺情報

スーパー

キャンプ場周辺のスーパーですが、R52号沿いにセルバ身延店があります。上沢の交差点からすぐなので甲府方面・静岡方面ともにアクセスは良いです。この他、周辺にはコメリやローソンもありますので、特に困ることはないです。

実際にキャンプしてみて

1日目

チェックインは13時~ですが12時半頃到着。すでに複数のキャンパーが設営を行っていました。我が家も受付を済ませサイトに移動。

天気が悪そうでしたので雨にも強い小川張りにしました!雨のときはマッドスカートもちゃんと打ちましょう。雨水の侵入を抑えられます。

設営後、行きに立ち寄ったミート高橋で買った馬刺しとカップ麺を食べる。ここの馬刺しうまいんだわー。

甲府方面から来る場合は通り道なので是非寄ってみてください。

ちなみに醤油の入っている容器ははホームセンターで100円くらいで売っています。内蓋がついていて密閉できるので洗剤や調味料などの液体はすべてこの容器に入れています。

某大手メーカでも容器ボトルやキャニスターを売っていますが安く確実に漏れないものが欲しい人にはオススメです。可愛くはないけどね!

一応このキャンプ場は川に隣接していますが、そんなに綺麗な川でもないので水遊びはオススメできません。

水質を求めると低規格に、快適を求めると水質が悪くなるというジレンマ。

ちなみにダムからの放水もあるらしくサイレンが鳴ったら逃げろ!って看板書きがありました。

日も暮れてきたので夕食の準備に取り掛かることに。今回はちゃんとキャンプ飯を作ります。

見よ、このステーキを!馬刺しと同じミート高橋で調達。

ステーキはアツアツのフライパンに1分、ひっくり返して1分、ホイルで包んで放置がいつもの流れです。

本日のキャンプ飯はこちら↓ステーキと無水ミネストローネです!

ステーキはオーストラリア産だったけど柔らかくてうまかったー。キャンプでステーキは簡単だからオススメ!

秋と言えば焼き芋!焚火にぶっこんで放置。昔落ち葉を集めて焼き芋したのを思い出します。

ちょうど焼いているときに雨降ってきて焦りましたが、無事にほくほくになりました。簡単でうまいって最高だよね。

このキャンプ場は消灯が23時なので時間に余裕があります。暇だったので適当に写真撮影。

夜だとテントのシワが目立たないからカッコイイ。

2日目

夜中に雨が降りそれなりに強かったのですが、水はけもよくまったく問題なし!小川張りだとタープから落ちる雨水がテントに落ちないのが良いです。

翌朝は霧がかかって幻想的でした。もう少し時期が遅ければ紅葉も見れたかなー。

我が家はなぜかキャンプに行くと大抵雨が降りますので雨の撤収も慣れっこです。こんな時は適当に撤収して家で干します。

チェックアウトは12時ですが、11時くらいには撤収しキャンプ場を後にしました。

ちなみにゴミは、受付時に貰ったカゴ、ごみ袋にまとめてサニタリー棟裏手にすべて捨てられます。

ここからは美肌になるため奈良田温泉に向かいます。キャンプ場から車でおよそ40分の道のりです。

途中腹が減ったので「そば処アルプス」によることに。今回で2回目の訪問で、前回来たのは一年前なのでちょっと懐かしいです。

天ぷらとそばのセットになっているのですが、きのこの天ぷらがうまい。たしか、一年前も同じセットを食べた気がする。年とっても選ぶものは変わらないなー。

満腹の状態で奈良田温泉に到着。いつも利用している「白根館」に行こうとするもまさかの休館。

たしかにここ不定休なんだよねー、と思いながらしょうがないので近くにある「奈良田の里温泉」に行くことに。今回初めての利用です。

肝心な泉質ですが、白根館と源泉が違うのかトロミが少ない。入った感じもとぅるとぅる感はなくなんだか物足りなかったです。あの極上トロミな温泉を味わいたかったのですが、お預けです。

その後は、予定もあったので急いで戻りました。

まとめ

早川町オートキャンプ場ですが、最高規格なキャンプ場でファミリーにはおすすめです。とにかくキャンプをしてみたい・簡単にキャンプをしたいという人・虫のいないトイレが良いという人(ふみごん)には最適です。また、ドッグランもありペット連れのキャンパーも多かったです。サイトも広くサイト数も豊富ですので複数グループでの利用にも向いています。しかし、自然を満喫したいという人は物足りないと感じると思いました。

我が家も綺麗なキャンプ場の方がもちろん好きですが、やっぱり自然や景色など非日常を楽しめるような場所が好きなのかなと改めて思いました。

入りたい温泉にも入れず消化不良ですが、馬刺しとステーキがうまかったので良しとします!