【スノーボード】面倒なホットワックス・・・おすすめはDOMINATOR!!

【スノーボード】面倒なホットワックス・・・おすすめはDOMINATOR!!

こんなオフシーズンにスノーボードネタでワックスかよ!って思うでしょうが、実はスノーボードのベース作りは夏にやるのが一番イイノデスヨ。

というわけで久しぶりの更新ですが、今回ははまじオススメのDOMINATORを紹介します。

ワックスについて

ワックス掛け(ワクシング)が必要な理由

スノーボードをする方なら一度は耳にしたことがあるであろうワクシングですが、はっきり言って面倒です。なんで面倒なことをわざわざしないといけないの?と思うでしょうが、目的は2つあります。

1つ目の理由は、スノーボードのソールの保護です。一般的にスノーボードのソールはポリエチレンでできていますが、ソールは滑走するだけで摩擦によりササクレ立ったり、雪に含まれた不純物蓄積でダメージを受けます。ワクシングによって、ササクレの除去と蓄積されている不純物を取り除くことがソールの保護に繋がるのです。

ソールの詳細についてはこちらの記事で紹介されていますので確認してみてください。

2つ目の理由は、滑走性を高めることです。どれだけ高価なスノーボードでもどんなゲレンデコンディションでも抜群な滑走性を有している万能なものでありません。競技で滑走性を必要とする場合は、ゲレンデコンディションに合わせたワックスを選定することで最適な滑走性を得ることがセオリーです。そんなんやらんし!というレジャーの場合でも春先は他人事ではありません。水分含む雪質では滑走性が大きく低下しますので、ワックスの恩恵無しではスノーボードを楽しめません。よく春スキーで板が走らず止まっている人に見覚えがありませんか?

 

ワックスの種類

ワックスにも種類があって大きくは3つに分けられます。

1つ目はスプレータイプのワックスで、ゲレンデの駐車場でやっている方を多く見ますが、お手軽な反面、効果は小さくかつ短時間で抜けてしまうのがデメリットです。
2つ目はアイロンを使ったホットワックスで固形ワックスをアイロンで溶かしてソールに塗ったあとにスクレーピング・ブラッシングを行います。ホットワックスは不純物や汚れを除去することができるのが特徴です。滑走性も高く持続時間も長いのですが、非常に手間がかかる上に道具への投資と作業スペースが必要です。
3つ目はペースト状のワックスをソールに塗ってコルク等で馴染ませるペーストワックスです。ホットワックスと併用することで非常に高い滑走性を得られるのが最大の売りでペースト単体でワックスを終わらせることはほとんどありません。

wax using

基本的にマイボードを持っている人にはホットワックスをオススメします。面倒には変わりないですけど春先は必需品ですし、結局ソールの汚れはホットワックスでないと取り除けないんですよね。ランニングコストも一番安いので手間さえ我慢できれば初期投資費用はすぐにペイできますよ。

ホットワックスの注意点はアイロンを使用することです。スノーボードは熱に弱くワクシング時の熱によってソールを焼いて変形させてしまうことがありますので技術が伴うという認識が必要です。

 

ホットワックスについて

ホットワックスにはベースワックストップワックスの2種類があります。ベースという名の通り、下地用のワックスです。本来滑走性を必要とするだけであればトップワックスのみで良いはずですが、トップワックス単体はスプレーワックスと同じでソールとの結合力が弱くリフト数本で抜けてしまいます。これを補うためにベースワックスによって間接的にトップワックスとソールの結合力を高めるのがベース作りです。

 

ベースワックス

ガリウムワックスでは温度別にGREEN・BLUE・VIOLET・PINKと4種類のベースワックスがラインアップされています。所謂ベース作りに使われるワックスですが、ガリウム推奨のベース作りはかなりエグイ。さらっとPINK 3回→VIOLET 3回→BLUE 3回なんて書いてあってちゃんとやればそれはそれはよく走りますよ。

でも、レジャーボーダーは労力と時間を惜しむ人が多いでしょう。そこで登場するのが、DOMINATOR RENEWです。そもそもなんでベース作りに違うワックスを必要とするのか?答えはシンプルでベース=PINK、トップ≒BLUEで、その中間をVIOLETで補っているだけだからです。このRENEWは複数の種類で補っていたワックスで1つでできてしまう優れものなんです!つまりガリウムで最低9回必要としたベース作りが2~3回で済む!コレってすごいことですよね。

dominator

肝心な中身ですが、軟らかいワックスと硬いワックスの成分をお互いの性質を損なわずにひとつのワックスにまとめているようですね。

 

トップワックス

ベースワックスのDOMINATOR RENEWに対しDOMINATOR ZOOMがトップワックスにあたります。このZOOMですがアクティブサーモシステムという“雪の状況変化を雪温で判断し、ワックスの硬度を変化させる特質機能”によって温度域でワックスの種類を選ぶ必要がないのです。つまりガリウムでは、ベースワックスと同じようにGREEN・BLUE・VIOLET・PINKと4種類の滑走ワックスが存在しゲレンデコンディションに合わせて使用するワックスを選定しますが、ZOOMであればベースワックスのRENEW同様、1種類で済んでしまうわけです。

アクティブサーモシステムという”雪の状況変化を雪温で判断し、ワックスの硬度を変化させる特質機能”を持っているらしくなんだかすごい機能なようですが、実態はよくわからないです。どんなゲレンデコンディションでも走れば良いんですが効果は??

 

DOMINATOR RENEWとZOOMを使ってみた!

まずベースワックスのRENEWの硬さはガリウムPINKと同じくらいなのでかなり柔らかい方ですね。また、ガリウムよりも粘りがあってスクレーピングはしずらいです。粘りが強いのは粒子の細かい(硬い)ワックスが混ざっているからですかね~。

ZOOMの硬さはガリウムVIOLETと同じくらいなのでトップワックスとしては柔らかいですね。こちらもRENEW同様に粘りがありスクレーピングはしずらいです。はまじはロトブラシを使ってブラッシングしているのですが、ロトブラシだけでは綺麗に取り切れずメーカ推奨のブロンズブラシで仕上げました。

ハイシーズンの白馬エリアでRENEW 3回+ZOOM 1回ではそれなりに走る程度というのが第一印象。降雪時、ピーカン時の両方で使用しましたが、可もなく不可もなくレベルで感覚的にはガリウムのベースのみ(トップワックス無し)と同じ程度でした。多少シャバ雪になっても問題なく走りましたが、通常のZOOMだとフッ素配合ではないので滑走性を気にする場合はフッ素配合のHYPER ZOOMの方がよさそうです。

硬さもガリウムVIOLETと同程度でしたのでワックスの抜けが懸念点でしたが、予想通りリフト10本程度でそれなりに抜けてきた感覚がありました。持続性に関してはより硬いBULE・GREENのラインアップのあるガリウムの方が良い印象ですね。DOMINATORにも低雪温向けにBULLETがラインアップされていますので来シーズンは試してみたいと思います。

RENEWとZOOMは400gの大容量タイプがラインアップされていて通販で4000円くらいで買えます。HYPER ZOOMやBULLETは100gタイプなのでちょっと割高感ありますね。

実用十分ですが、万能を謳うほど完璧ではないなというのが最終的な結論です。少なくともワックスを温度別に複数種類用意する必要もないので謳い文句通り作業時間短縮・コスト削減という意味では効果があると感じます。気になるのはスクレーピングとブラッシングのしずらさですね。もう少し粘りが無いと剥がしやすくて楽です。

競技はやらない、それなりに走るくらいでいいからワクシングを簡単に済ませたい!って人にはRENEW+ZOOMで十分です。また、競技で使いたい!という人はDOMINATORからフッ素配合のタイプやペーストワックスがラインアップされいるので組み合わせ次第で改善できると思います。実際、最近は試乗会でもよく目にするので、少なくとも知名度・実績ともに一定以上はあって競技でも十分通用すると考えます。

 

気になった方はぜひ使ってみてください!

 

以上、はまじでした。