キャンプギア

初めてのテント選びのポイントは?スノーピークのテントを買って思うこと

テントを欲しいと思う前に

一概にテントといってもいろいろな種類があるのが昨今のキャンプ事情。
そして、テントは欲しいが、”何を買ってよいのかわからない”という悩みが多いのではないでしょうか。

きっかけは、
友人からのススメ?
子供のときの経験?
SNSでおしゃれキャンパーの写真を見たから?

いろいろあるでしょうが、最初に思ったきっかけは案外重要なもの。
きっかけを忘れずに、そしてキャンプしている自分のイメージを大切に。

我が家のテント事情

キャンプを始めたのは3年前。きっかけは周りにキャンプ場が多く、単純にキャンプをしてみたいと思ったから。

夫婦2人でキャンプなので、そこまで大きなテントは不要と思いスノーピークのランドブリーズ4を購入。
理由は単純でもともとスノーピークのヘキサタープを所持していたこととタープとの組み合わせで小川張りがしたかっただけ。

しばらくはテント+タープの組み合わせでキャンプしていましたが、秋になり寒くなるとやっぱりシェルターが欲しくなるもの。
勢いで買ってしまったのがスノーピークのリビングシェル。
あまりの快適性に驚きでしたね。

どちらも性能面で困ることはありません。難点は重い、他キャンパーとよく被るくらい。
やっぱり雨風にさらされるもので、多少値段は張るものの作りがしっかりしたスノーピークでよかったと思います。

テント選びの重要ポイント

大きさ

使用する人数、体格は重要。
テントメーカのHPで使用人数やサイズを確認すべし。
案外寝そべってみると狭く感じるもの。寝相の悪い人は1.5人分くらいで考えた方が良いですよ。

忘れがちなのが高さ。
テント内で何かしたい、例えばテントの全室でチェアを置きたい場合などは注意。

形状

テントの形状もいくつか種類があってそれぞれ一長一短がある。
広く普及しているのはドームテント、2ルームテント、ティピーテントの3種類。
他にもパップテントなどあるが、玄人向けなので割愛。

ドームテント

その名の通り、ドーム型をしたテント。
フレームを3本ないし4本使ってアーチ状にしならせて自立させる。
前室があるタイプとないタイプがあるが大概2~6人用が多く、コンパクトで軽量なのが特徴。
我が家で使用しているランドブリーズ4もこれに該当。
とにかく設営は楽。一人でもテキパキやれば10分くらい。

テントだけではリビング空間を確保できないので日陰が欲しいならばタープが必要。
実際のキャンプ場では、ドームテント+タープの組み合わせが多く、ドームテント単体で使っているケースはソロキャンパーくらいしかいない。

コンパクトで軽量。高さが低く風に強い。
テントの他にタープが必要となる可能性が高い。

2ルームテント

ドームテント+タープの組み合わせを1テントで叶えてしまうファミリー御用達のテント。
つまり寝室とリビングが1テント内にあるということ。

高さがありテント内でも屈むことなく動き回れる。
タープのような解放感はないが、肌寒い時期や強風時には、風から守ってくれる。
一番の強みは天候に左右されずに快適に過ごせることでしょうね。

キャンプしていると獣が現れることもしばしば。タープでは荒らされる危険性があっても、2ループテントは閉め切ることができるので安心感はありますね。

基本的に縦長で設営の自由度は小さい。
フレームもドームテントに比べ強固になっているので設営自体が大変で重量がある。
我が家のリビングシェルは16kgあって設営は2人で20分くらい。

天候に左右されない上に快適。ファミリーで使うならおすすめ。
大きいので区画が小さいと設営に苦労。収納時も重い。

ティピー

ティピーと言えばローベンス。いや違いますね、ノルディスクですね。
おしゃれキャンパー御用達のティピーテントですが、おしゃれ以外の魅力もありますよ。

なんといっても自立させるのが簡単なので設営が楽。タープ感覚で設営できちゃいます。
大きいものから小さいものまでラインアップが多く、小さいものでも中央部は高さがあるのでシェルターライクに使うこともできる。

使い方としては、ソロであれば小さなティピーで前室をうまく使っても良いし、ファミリーであれば大型ティピーでお座敷スタイルも良いし。
スタイルに合わせられる自由度を有しているのがティピーの特徴。
生地がコットン含むタイプが多いので注意が必要。

おしゃれなのに設営簡単。ソロ、ファミリー問わずラインアップ豊富。
コットン含むテントは耐水、管理など注意が必要。

生地

キャンプでは雨に降られることもしばしば。
雨水に対する撥水性や風に対する防風性は重要で、長期間の使用によるカビや経年劣化なども考える必要がある。
そして、耐久性を左右するのが生地。

最近はおしゃれキャンパーの影響でノルディスクなどコットンテントが流行っているので、ポリエステル vs. コットンで悩む方は多いはず。

ポリエステル

ペラペラしてシャカシャカする最もメジャーな素材で、安いテントから最高級テントまで幅広く使われている。

他の生地に比べ吸水せず薄手であっても耐水圧を確保できるのでテント生地としては理想的。
雨風に強い反面、結露しやすいことと湿ったまま放置すると加水分解して表面がベタベタになる。それでもすぐ乾くのでメンテナンスは楽だと思いますよ。

ポリエステルは化繊なので、耐火性はゼロ。
焚火やっててタープに穴が空くなんてザラです。

軽く、雨風に強い。すぐ乾く。耐火性ゼロ。長年愛され続ける理由がある。

コットン

コットンテントといっても100%コットンではなくポリエステルとコットンの混紡、所謂ポリコットンがほとんどです。

コットンを含むことによりポリエステル100%に対し通気性と耐火性を向上させることができます。
タープの下で焚火ができるのもポリコットンの強み。

逆に耐水性は生地による隙間が出来てしまうので多少落ちます。
目安としては耐水圧300~500mmで一般的な傘と同じくらいです。
つまり大雨になったときは、内部に雨水が滴る可能性もあるということを覚悟する必要があります。

また、コットンですので雨天時の撤収は乾かない、重たいで苦労すること間違いなし。

通気性と耐火性ありだが、メリット少ない。おしゃれ感出したいならばどうぞ。

おすすめテント紹介

開放的でコスパの良いファミリーテントが欲しい!

出典:Snow Peak

コスパ重視のあなたには、スノーピークのエントリーパックTTがおすすめ。
テントとタープがセットになっていてお値段49,800円。

インナーテントは吊り下げ式なので簡単に着脱できるし、前室もそれなりにあるのでタープなしで過ごせたりと比較的自由度が高い。
しかも標準で小川張りができてしまう優れもの。

スノーピークのエントリーラインですが、耐水圧1,800mmで性能十分。
この値はワンランク上のスタンダードラインである我が家のランドブリーズと同じ値です。
雨風ともに過酷な環境でない限り十分使えると思います。

おしゃれだけど人と被らないテントが欲しい!

出典:CAMP tips

おしゃれキャンパーのあなたには、ローベンスのフェアバンクスがおすすめ。
お値段80,000円のティピーテントですが、シルエットが独特かつ滅多にいない。

生地はポリコットンで火に強い上、Hydro Texという独自開発の生地を使用しているので耐水も考慮されている。
コットンテントは伸縮性があるので張ったときにパリっとしていて映えますね。

サイズも4人用というティピーテントとしては珍しい大きさ。夫婦2人にちょうどよさそうなので我が家の3代目テントの候補です。

おしゃれだけど人と被らないってハードル高いですが、そんな願いを叶えてくれるテント。

ハイスペックで快適なテントが欲しい!

出典:Snow Peak

コスト度外視のあなたには、スノーピークのリビングシェルロング Pro.をおすすめ。
我が家のリビングシェルのロングVer.で、お値段17,3000円。
巷ではリビシェルとリビロンで区別されている。

リビロンの良い点は大型2ルームテントであるのに関わらず設営が簡単であること。
実際我が家でもリビシェルを使っていますが、2ルームテントの割に設営時間かからないですね。

リビロンはスノーピークの最上級モデルのプロライン。
スタンダードラインのリビシェルに対し大きさ、生地の厚み、メッシュの違いがあります。
生地が厚くなっているので丈夫で耐久性はあるのですが、重量はなんと18.6kg。

あとは比較対象にランドロックが挙げられるのですが、サイズ感、値段はそこまで変わらないので好きな方で良いでしょう。
あえて特徴を言うならばメッシュが多く、拡張性のあるリビロン。シンプルかつ居住性抜群のランドロック。

個人的には設営しやすさとプロラインのステータスでリビロンに一票。

結局どうすればよいの?

テントも安い買い物ではないので、とりあえず安いテントで済ませたいと思う方もいるでしょうが、少なくとも自然の中でそのテントに身を任せる時が来るのは事実。
雨風に耐えられないテントではどうしようもありません。
初期投資には大きくなるが、安全性・安心感を購入することも大切。

このテントが人気だからこれがいい!ではなく自分がどんなテントを欲しいか、どんなキャンプを実現したいか考えてみることをおすすめします。